借金の返済で生活が困窮している方が多くいらっしゃいます。借金返済金が少しでも減ったら楽になるのに、もう借金返済が出来ない、このままではどうにかなってします。こういった方が多いのも事実です。ここでは、その借金を減額、あるいはチャラにするそう言った法的手続きをご紹介します。一日も早く穏やかな日を迎えましょうね。

そろそろ借金減らしませんか!?【借金返済/借金の整理の方法】

債務整理を真剣に考える

借金を早く終わらせたいのにいつまで経っても返済が終わらない。

逃げ出したいけれど
人生投げ出すわけにもいかない。

このままじゃ完済の目処が立ちそうもないって思うと
毎月の返済が余計に苦しく感じられる事もあるでしょう。

毎月の支払い返済が困難になっている人はもうそろそろ債務整理を検討する時期なんだと思います。

債務整理にも色々と種類があって専門用語などで頭がちんぷんかんぷんだったり
分からないと思っている方も多くいる事でしょう。

そんな方は無理に知識を得ようとせずに
まずは弁護士に会う事からが債務整理だと思って下さい。

無料相談が出来るので
知識を付けられるならばそれからでも全然遅くありません。

要は毎月の返済額の減額やリセットなどが債務整理で出来るという事となりますから
借金でこれからの返済の見通しがつかないと思った方でしたら誰でも債務整理をする事が可能というわけなんです。

今の収入ではとても返済まで追いつかない
無理をして返済した所で結局毎月支払い続けるという現実があるというものですよね。

弁護士や司法書士へご相談をすれば
任意整理や自己破産など今の自分の借金問題に一番最適な方法を教えてくれる事でしょう。

勇気を出して相談すれば身も心も一気に楽になれる事だと思います。
 

毎月の借金返済の負担を軽く出来る任意整理

返済続きで生活が苦しい
今すぐ楽になりたい。

だからと思って債務整理ですぐ自己破産を考える人も多かったりしますが
自己破産後って結構辛いものがあるんです。

例えば破産後はブラックとなる為10年以上ローン契約が出来ない事になります。

10年間も住宅ローンや自動車ローンが組めないとなると
マイホームの検討や将来性においてありとあらゆるローンがご利用出来なくなるんです。

同じブラックでも早くブラックが時効となる
任意整理ならばブラックは5年間
自己破産に比べて半分の期間なので自己破産を一気にするより任意整理でゆっくりゆとりを持って返済していく方法となります。

失うものもありませんし
債務整理の中では一番リスクが少なくて済むと思います。

任意整理をすると利息制限法の上限金利に金利を引き下げ
再計算し、借金を減額
原則として金利をカットし元金のみを3年前後で分割返済という形で和解交渉する事が出来ます。

今の借金の支払い返済の減額が見込める方法となっているので
今後の返済の不安が今に比べると軽減出来る仕組みとなっております。

和解交渉は弁護士・司法書士が代理人となってくれるので
自ら交渉をしなくて良く尚裁判所を通さずに債権者と任意交渉が可能。

任意整理が出来る対象者としては減額後の借金が3年以内にご返済が出来る方
後もう一つが継続して安定した収入を得る事が出来る方となっていました。

借金があるからと言ってすぐに自己破産というのではなく
減額で解決出来る借金ならば任意整理を選ぶ方が良いかと思われます。

任意整理では借金をチャラにする事は出来ませんが今後の借金返済が楽になるという意味で考えますと
完済を一日でも早く終わらせたいと要望されたい方にとっては是非とも検討したい方法となっていたりします。