借金の返済で生活が困窮している方が多くいらっしゃいます。借金返済金が少しでも減ったら楽になるのに、もう借金返済が出来ない、このままではどうにかなってします。こういった方が多いのも事実です。ここでは、その借金を減額、あるいはチャラにするそう言った法的手続きをご紹介します。一日も早く穏やかな日を迎えましょうね。

そろそろ借金減らしませんか!?【借金返済/借金の整理の方法】

任意整理よりも更に借金を減らせる個人再生

借金は早く終わらせたいと願えば願うほど
完済に焦ってしまう事だと思われます。

返せない金額だったり元金が多くて払っても払っても切りがない。

結果的に安定した返済出来ない方はもうこれ以上払えない
又は払いたくないと思ってしまう事かもしれません。

せめて返済が楽になれるように
借金の返済額を減らしたい・・・。

だけど債務整理って色々あって分からない
今は借金の事ばかり考えていてぐっすり夜も眠れないそんな貴方へ

恐らく完済の目処が立っていない現実にイライラしていたりしませんか
又は不安になっている事でしょう。

もしもそんな貴方がどの債務整理を利用すべきか知りたいと思ったら
弁護士の出番だと思います。

恐らく借金の減額を望まれているようでしたら
任意整理又は個人再生が一番良い方法かもしれませんね。

任意整理と個人再生の違いについて簡単に言えば
任意整理は裁判所に通さずに比較的簡単に減額をしてもらえる方法。

個人再生は任意整理よりも更に減額出来る利点はあるが
裁判所を通して再生計画の認可を求めるものという事になります。

任意整理は何も失うものがありませんが
個人再生では一定の条件を満たさないと住宅を手放すというデメリットがあります。

任意整理がレベル1とすれば個人再生はレベル2と言った感じとなります。
この場合レベル3が自己破産と思っておいて良いです。

ちなみに個人再生ではブラックが5年~10年と破産者と同様のブラック期間となります。

借金減額を簡単に検討するのであれば任意整理
それなりにリスクはありますが本格的な減額を望むのであれば個人再生という事になるのだと思います。

自分の現在の借金の総額に合わせて検討をすれば
任意整理にするべきか個人再生にするべきかが見えてくる事でしょう。

それでもわからない場合は法律事務所と一緒に検討してみましょう。